保険代理店 有限会社 カスタム・リサーチ・サービスの紹介ページ

がん保険競争激化!
カテゴリ
医療保険
今年になって生保各社からがん保険の新商品発売が相次いでいます。

 3月:オリックス生命「Believe」
 3月:三井住友海上きらめき生命「新ガン保険α」
 6月:アクサ生命「収入保障のがん保険」
 7月:ネクスティア生命「カチッとがん保険」
10月:富士生命「がんベスト・ゴールド」
11月:損保ジャパンひまわり生命「勇気のお守り」(予定)


以上主だったとこを挙げてみましたが、
各社独自色を発揮するのに躍起になっており業界初の取り組みもみられます。
例えば富士生命「がんベスト・ゴールド」は、
がんと診断されると保険料払込が免除となるのですが、
上皮内がんまで対象としたのは業界初です。
また11月発売予定の損保ジャパンひまわり生命「勇気のお守り」は通院給付金の給付要件に入院が必要なく、また通算が無制限となっている点が業界初です。

これまでがん保険のマーケットシェアはアフラックの独壇場に近いものがありましたが、これからどのように変化していくのでしょうか。
また各社ともに保険料競争は限界に近づいていることから、これからは保障内容の競争が激化するものと思われます。
一見同じように思えるがん保険ですが、商品ごとに微妙に保障内容が違います。
保険料の安さや有名だからというブランドにとらわれることなく、ご自身のニーズに合った商品を選ぶようにしましょう。