生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

保険の相談掲示板

投稿日時: 08/04/08 12:00カテゴリー:生命保険について
質問
タイトル 主人の医療保険
相談者名 かこ
相談者情報 性別:女性  年齢:50代  家族状況:既婚(子供あり)   職業:主婦 
よろしくお願いします
主人は61歳で、65歳までの生命保険に入っています。65歳までの支払いです。
その後80歳まで毎年6万円位払うと入院一日5千円出るそうです(一回の入院120日) 
特約もついているので私にも3千円でます。
80歳から医療保険がなくなるのでどうしようと思っています。
今入ってる保険屋さんから終身で80歳までの掛け金が5万円ちょっとで一日5千円で一回の入院60日と言うのを持ってきました 
これだと死亡した場合 今入ってるのより100万少なくなります それで今この保険に切り替えるかアメリカンファミリーの掛け捨てのにするか迷っています どうぞよろしくお願いします

この保険相談に回答する

回答者名 (有)ライフケアパートナーズ    http://ag.hokenwithu.com/lifecp/
回答
(投稿日時)
08/04/08 13:34
かこさん こんにちは。

まず始に現在ご加入の保険の詳細が分からないので、あくまでも推測でアドバイスします。

多分現在は国内生保にご加入だと思われるのですが、死亡・高度障害の保険金額は主契約が300万円で定期特約が2700万円とかになっていると思われます。保険証券に記載されていますので、調べてみれば分かります。 

もしそうなると上記の記載から察するに65歳以降の支払が毎年6万円ならば、保障部分は主契約の部分と医療特約の部分だけしか残らないはずです。 例えば主契約の終身300万円と医療特約の5000円/日という具合です。 

以上の事を確認してみて、死亡・高度障害保障と医療特約にかこさん自身が問題が無いと思うならそのまま継続してみるのが良いでしょう。 もし、不足があると思うならば新たに必要な保険を付け加えるか、見直しをすれば良いと思います。

それと、死亡・高度障害の保険金額はもしご主人が亡くなられた場合いくら位必要になるのか、子供さんが独立しているかどうか、かこさんのお住まいはどうするかなどで、また現在の貯蓄とかご主人が退職されたら退職金がでると思いますので貯蓄でカバーできるかどうかなど、保障が必要な保険期間も合わせてかなり変ってきますので、これを機会にライフプランを作成してみてからもう一度ご検討してみてください。 そうすればどの保険が必要か不必要なのかが分かります。

あと、

>特約もついているので私にも3千円でます。

この特約はご主人の契約が切れたときに一緒に消滅してしまいますので、新しい保険に加入する時はかこさんも新しい保険をご検討してください。

>80歳から医療保険がなくなるのでどうしようと思っています。
今入ってる保険屋さんから終身で80歳までの掛け金が5万円ちょっとで一日5千円で一回の入院60日と言うのを持ってきました 
これだと死亡した場合 今入ってるのより100万少なくなります それで今この保険に切り替えるかアメリカンファミリーの掛け捨てのにするか迷っています どうぞよろしくお願いします

これは医療保障だけの保険ではないでしょうか?
または傷害保険かもしれません。
終身と医療をつけた場合はもっと割高になると思いますのでもう一度内容を確認してみてください。

仮にアメリカンファミリーのEVERと終身100万円を付けたら61歳男性で約7000円/月になりました。

それと、新たに保険に加入する場合は健康告知が必要になりますのでご健康状態も考慮してください。 ご健康状態によっては新たに保険に加入できませんので注意は必要です。

あと、貯蓄に余裕があるならば高額医療制度など公的保障もありますので、がん保険など高額な医療費(自己負担)が必要になるものだけ保険でカバーして、他は貯蓄で賄うのも一つの手段です。

最後に、ライフプランについて分からなかったり他にも質問があればご担当者に相談するか、こちらにお問合せください。

編集する

回答者名 かこ  
回答
(投稿日時)
08/04/08 18:28
ご丁寧に回答頂きましてありがとうございます
今の特約の医療保険をはずして 掛け捨ての医療保険に入ろうかと思います。

編集する

回答者名 ファイナンシャルプランー新美昌也  http://ag.hokenwithu.com/trc/
回答
(投稿日時)
08/04/09 10:57
「今の特約の医療保険をはずして 掛け捨ての医療保険に入ろうかと思います。」とありますが、新規に保険に加入する場合、手続きの順番に気をつけてください、順番は新規加入→既契約の解約です。新規に加入できない可能性もあるからです。

編集する

回答者名 かこ  
回答
(投稿日時)
08/04/09 17:45
新美昌也先生 その点は十分注意いたします
ただまた 今の保険は特約の部分もそのままで80歳までにして 
その後は150万位医療費として
持っていれば大丈夫と言う意見も出てきました。
今までの保険をそのままにすると私も74歳まで
3千円がつき 入院が五日からです
掛け捨てはエバーを考えておりその場合は
入院一日5千円で 毎年5万円ちょっとは
払う事になります 80歳から毎年5万円以上払い
きれるかとも思います。
もし 150万~200万円位余裕が
ありましたら 80歳からの保険は
なくても大丈夫だと思われるでしょうか?

編集する

回答者名 (有)ライフプロモーション  http://ag.hokenwithu.com/lifepromotion/
回答
(投稿日時)
08/04/10 11:21
かこさんこんにちは。
最近のご相談で、かこさんと同年代の方の多くが同じような悩みをお持ちです。
夫婦型には、2つのタイプがあるのはご存知ですか?現在ご加入のものは、(有)ライフケアパートナーズ様のご推測のものでしょう。アリコさんが扱っている夫婦型で、ご主人の死亡で、保険料が免除になり、奥様の保障はそのまま継続される、奥様にとってとてもありがたい医療保険があります。
人の寿命はわかりませんが、一般的に奥様の方が長生きされるケースが多いので、しっかりご自分の老後を考えられるのも、大切な事です。
私はいつも医療保険は、80歳迄ではなく、終身にされたほうが良いと、お客様にアドバイスしています。やはり不安を解消するために入られている保険が、80歳で終了なら安心できないですよね。
保険料もいくらでも支払う事ができれば良いですが、そういう訳にいきませんよね・・。本当に必要な保障から優先順位を付け、予算等の希望を保険代理店の方に伝えてみてください。良い代理店ならば、きっと色々なアドバイスをしてくれるはずです。保険代理店を選ぶのは、大切なポイントで、多くの知識と情報を豊富に持たれていて、複数の保険会社の取扱をされているほうが良いと思います。

編集する

回答者名 ファイナンシャルプランナー新美昌也  http://ag.hokenwithu.com/trc/
回答
(投稿日時)
08/04/10 21:09
医療保険に加入することにより安心できるのであれば加入された方が良いと思います。ただ、損得だけ考えれば、払う保険料と受取る入院給付金(予想額)を比較してみるのも一つの方法です。公的な医療保険制度がありますので、民間の医療保険の位置づけは公的医療保険の補完と考えたほうが良いと思います。病気になり入院するような状態になった場合、金銭的に補償されても、その後の活動が制限され、その後の人生が楽しくないかもしれません。そういった意味で、毎年の保険料の代わりに人間ドックの費用に当てるといった方もいます。つまり、予防に重点を置くということです。どれが、正しい方法ということはありませんので、ご自身のお考えにあった方法を選択されれば良いと思います。

編集する

回答者名 かこ  
回答
(投稿日時)
08/04/11 06:22
(有)ライフプロモーション様 新美昌也様
ありがとうございました
ついつい損得を考えてしまい あくまでも
保険なんですよね。
一応掛け捨て保険を申し込んでみて
もし通らなければ仕方ないのでそのまま
今の医療保険で行こうと思います
(主人は検査で数値が高いのがあります。
治療や投薬はしていないのですが駄目かもです)

編集する

あなたも保険の相談を解決しませんか?

このサイト「生命保険ウィズユー」では保険マンモス社と提携して、生命保険や医療保険の加入相談や悩みを解決するサービスを提供しています。
全国の保険専門家があなたに合った保険を一緒に探したり、加入のご相談に応じます(現在は直接お会いして相談される方のみ受け付けています)

保険専門家による無料保険相談サービス

この相談に回答されるには

保険専門家の方がこの相談に回答されるには、事前に生命保険ウィズユーの専門家ページにログインする必要があります。

生命保険ウィズユーへの専門家登録はこちら


保険専門家に相談する これまでの質問を検索する

キーワードを入力してください。

生命保険ウィズユーのご利用にあたって

この掲示板は、消費者が抱える生命保険や医療保険の疑問・悩みの解決を目的としており、掲示板の回答に特定の保険商品の販売・募集の意はありません。

また、ご質問には万全の注意、調査の上でお答えいただいておりますが、回答内容をすべて保証しているものではないことをあらかじめご了承願います。

ご意見・ご要望を受付中!
よくあるご質問